川村ひかるさんも悩んだ「若年性更年期」の鍼灸治療

群馬県 伊勢崎市 女性ホルモンバランス療法の鍼灸院
大成堂より

院長の藤田です。

先日、グラビアアイドルの川村ひかるさんが、テレビ番組でご自身が5年間ものあいだ若年性更年期に悩んでいたことを告白されました。

その告白以来、若年性更年期について話す機会が増えていると、ご自身のブログで書いています。
川村ひかる
出典:http://ameblo.jp/hikaru-kawamura/entry-12147681202.html

本来、更年期は閉経した後にエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることで、身体にさまざまな症状がでてきます。

しかし、最近は生活環境やストレスなどの要因が重なり、もっと若い時期に更年期の症状が出てくることがあり、それを若年性更年期と呼びます。

川村ひかるさんはブログの中で、若年性更年期を緩和させることができた四つの方法について書いています。

 

①私の場合はとにかく1時間でも早く寝ること

②呼吸が浅かったのでヨガに通い腹式呼吸

③漢方を飲んでカラダの中からケアする事

④針治療 自律神経にアプローチするツボを刺激する

ご自身の経験からの言葉はとても説得力がありますね。

 

卵巣から分泌される女性ホルモンは、脳の中にある視床下部という場所がコントロールしています。

ストレスや生活習慣の乱れが、この視床下部の働きを乱してしまい、女性ホルモンが上手く分泌されなくなってしまうのです。

 

鍼灸による対処法

川村ひかるさんも「針治療 自律神経にアプローチするツボを刺激する」と書いています。

実際、どのようなツボを使えばよいのでしょうか?

まず、体に対する鍼や灸の刺激自体が、副交感神経を刺激してくれます。

そのため、ツボにこだわらなくても鍼や灸をすることで一定の効果が期待できます。

更に、もっと効果的に効かせるための方法としては、

・腹部瘀血治療

・視床下部調整治療

・骨盤内の血流改善治療

・自律神経の調整治療

・卵巣機能調整治療

などの治療アプローチがあります。

 

セルフ灸のすすめ

上記の治療で使われるツボの中には、あなたがセルフ灸で使うことが出来るツボがあります。

その一部をご紹介します。

 

★瘀血のツボ:中封

瘀血は、血のめぐりが悪くなった状態です。

内くるぶしの近くにあります。

中封
 

 

★視床下部のツボ:後谿

視床下部が女性ホルモンの卵巣からの女性ホルモンの分泌を促します。

koukei
 

 

★卵巣機能調整のツボ:復溜

女性ホルモンが分泌される場所です。

hukuryuu
 

 

これらのツボに、

お灸
 

せんねん灸を使ってお灸をするのが一番簡単で、効果的な方法です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

参考になったらシェア!

日本で唯一の鍼灸技術 「大成堂オリジナル首療法」

頭痛・めまいから首肩こり・ストレートネックだけではなく、女性ホルモンの乱れによる更年期の症状や自律神経失調まで、その症状を解消するだけでなく、再発を防ぐ施術を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

藤田 勇

群馬県伊勢崎市の鍼灸院 大成堂中医針灸院 院長の藤田です。 鍼灸の本場中国で修行や、 二つの大学病院(日本医科大学・自治医科大学)での鍼灸外来を担当してきました。 その経験を生かして鍼灸の真の姿を紹介し、鍼灸がもっと現代に活用される世の中にしていきたいと考えています(はり灸文化の復活)。